「sens et sens」のコーヒーは、スペシャルティ・コーヒー豆100%。

ドリップは、すべて、味のブレがないよう、丁寧に1杯ずつお淹れ致します。

ペーパードリップ、ネルドリップは、

2名様で同じコーヒーをご注文いただいても、1杯ずつ淹れますので、

通常よりも時間がかかり、お待たせしてしまう場合もございますが、

2杯分を一度に淹れてしまうと1杯のときとは味が違います。

ご理解くださいませ。。

豆の種類は、各国のストレート約6種、

「ストロングローストブレンド」(ネルドリップ限定)。

時期により、種類は変わります。

現在、使用している豆は、ブログでお知らせ致します。








<豆について>


コーヒー豆は、「KUSA.喫茶」焙煎人・姫野さんの豆を使用しております。

世界のトップレベルの農園から仕入れたスペシャルティ・コーヒー。

毎朝、直火式の釜で焙煎された、新鮮なコーヒー。

焼き上げられた、気力あふれるコーヒーを最大限に活かせるよう全力を尽くします。







<抽出について>


抽出は、ペーパー、ネル、プレスの3種類。


ペーパードリップは、コーヒーエキスをしっかり抽出できるコーノ式ドリッパー。

キレがあり、豆の味がクリアに出ます。

コーヒー豆の種類により、豆の量、挽きの粗さ、抽出温度、抽出時間を変え、

その豆の良いところを引き出せるよう、丁寧に淹れております。

アイスコーヒーも、ペーパードリップで、一杯ずつ抽出し、急冷。

香り高い、アイスコーヒーに仕上げています。






ネルドリップは、深煎りの豆を中心に使用します。

ネルを使うことで、油分や他の成分も抽出され、

深煎りであっても刺さるような嫌な苦味はなく、

コクのあるコーヒーになります。






フレンチプレス。

プレスは、豆全体がお湯に浸かるため、

豆の味が良くも悪くも、すべてコーヒーに出ます。

ペーパーと違い、コーヒーオイルがそのまま入りますので、

コクが強く、まろやかな味わいになります。

細かく挽かれてしまった粉は口当たりを悪くするため、

微粉を取り除いてから、抽出時間4分で淹れます。

微粉は、少なからず残ります。

苦手な方は、飲み干さないようにしてください。





どの抽出方法が美味しいか、という考え方ではなく、

その時の気分や時間帯、食後なのかケーキとセットなのか、コーヒーだけなのかで、

その時、ベストなコーヒーは変わると思います。

お客様が、好きなコーヒーを選べるようにしていきたいと思います。

また、当店では、良質なコーヒー豆、本来の美味しさを感じていただくため、

ミルクは、おつけしておりません。

「ミルクを入れないと飲めない」と思っている方も、ぜひ、一度、お試しいただきたいと思います。

マイルドなものがお好みな方は、濃厚な北海道産牛乳使用のカフェ・オ・レをお勧めいたします。

お砂糖をご希望の方は、お申し付けくださいませ。

コクのある鹿児島産のきび砂糖をお出し致します。
















まるで、樹液のように搾り出したコーヒーを淹れたい。



毎日、毎日、何杯でも。



毎朝、果実のようなコーヒーを味わう。



身体と心に、沁み渡らせながら、ゆっくりと。



異国の農夫と焙煎人の想いとともに。